医者

意外と違う!遺伝的な症状であるそばかすを目立たなくするために

できやすい習慣とは

医者

先天性と後天性の2種類がある

目元や鼻の上部あたりに生じやすいそばかすは、生まれつき出来てしまっている先天性のものと、後になって出来る後天性のものに分けられます。先天性は、ちょうど思春期あたりに目立つようになる傾向です。逆に後天性のものは、成人を迎えるあたりに生じやすい傾向にあります。どちらとも、共通して言えるのが、年齢を重ねることによって、色合いが濃くなっていくところです。外での活動機会が増えたことによって、紫外線を浴びる時間が増えたことによって、徐々に色濃くなってしまうのは確かと言えます。

生じやすい生活習慣とは

ちなみに、そばかすが生じやすい生活習慣があります。どのような習慣が点々を色濃く出しやすいのかというと、スキンケア方法や睡眠時間、置かれている環境によるものです。スキンケアの方法だと、肌質に合っていない洗顔フォームや化粧水、洗顔方法を実践している場合は、点々を色濃く出しやすいです。睡眠不足やストレスの蓄積も、メラニン色素を色濃く出してしまいます。また、普段から、ビタミンやミネラルの摂取量が少ない場合も、そばかすの色合いを強めてしまいやすいです。紫外線以外にも、症状を色濃く出してしまう要因を作る生活習慣が豊富にそろっているのです。治療を受けている間は、治療の効果を継続させやすくするために、ストレスや睡眠不足を極力解消して、ビタミンやミネラルを積極的に摂取する生活習慣を構築するのがおすすめです。

活性酸素が目立たせる原因になる

一般的に、体の老化を早める原因を作り出す活性酸素も、メラニン色素を増殖させる要因となります。活性酸素は、紫外線の影響によって増殖を繰り返してしまい、メラノサイトという色素形成細胞に刺激を与えてしまいます。その影響により、しみやそばかすの原因物質であるメラニン色素を増殖させてしまうのです。そのため、予防対策として、日中紫外線に対する対策を行なうのが望ましいのです。治療中後でも、目立たせなくするための対策として、日焼け止めといった紫外線対策グッズをフル活用するのが望ましいです。

効果を持続させるために行なうこと

そばかすを、美容外科で治療を受けた後でも症状を発生させない対策を行なうのが望ましいといえます。なぜなら、そばかすは、あくまで目立たせにくくするための治療法であるので、治ったと思って油断すると再び濃い色を引き出してしまいます。せっかくのレーザーやピーリング治療で目立たせなくした以上、生活習慣の改善を行なうのがおすすめです。ストレスへの対策、食事で摂取する栄養、睡眠時間を長くとるなどの対策を行なっておけば、長期的に施術効果をもたらしてくれるのは確かです。再び、コンプレックス化するそばかすへの対策を十分に行ない、よどみのないお肌を長い間キープしていくために、徹底した対策を行なっていくのがおすすめです。