医者

意外と違う!遺伝的な症状であるそばかすを目立たなくするために

十分な対策をとる

婦人

そばかすの原因物質とは

そばかすの色を濃くしてしまう原因として、紫外線と活性酸素があります。日中に紫外線を浴びてしまうと、皮膚内で活性酸素が急増してしまい、メラニン色素を作り出す細胞に刺激を与えてしまいます。その影響により、目元や鼻の上あたりにポツポツが目立ちやすくなってしまうのです。出来る限り、効果的な予防対策として外出前に紫外線対策を十分に行なうのが望ましいといえるのです。

美容クリニックで目立ちにくく

美容クリニックでは、そばかすを目立たせにくくするための治療が受けられます。医療技術の発達によって、皮膚にかかる負担が少なくなる施術機器や用具が広く使用されています。発達したおかげで、施術の回数も少なくて済むのは確かです。手短かつ皮膚に与える負担が最小限に抑えられるので、傷跡を気にせずに治療を受けられます。新たなコンプレックスを作り出すリスクも最小限に抑えられるのは間違いないです。ただし、そばかすはしみと違い、完全に消せる症状ではないのです。治療を受けたからといって、そのあとの生活で油断をしていると、再び色濃く症状が現れてしまう危険性もあります。レーザーやピーリングで色を目立たなくした後でも、生活習慣の改善、紫外線対策を十分に行なうのがおすすめです。

目立たなくなっても十分な対策を

美容外科での治療効果を継続させるためには、まず活性酸素を増やす要因を減らしていくのが望ましいです。外出前の紫外線対策として、日焼け止めや日傘を活用するのは勿論ですが、ストレスを蓄積させないことと睡眠時間をたっぷりめに取っておくのが望ましいです。ストレスや睡眠不足は、そばかすの色を濃くする要因となります。極力、ストレスがたまったと感じたら、できるだけすぐに解消することが望ましいです。睡眠不足気味である場合は、睡眠時間を確保するのを意識するのが最適です。日常生活の中でも、色合いを濃くする要因が潜んでいるので、心当たりあるものがあったら、しらみつぶしに除去して治療効果を長引かせることを意識するのが得策です。

簡単に出来る対策方法

施術効果を長引かせるためには、ストレスや睡眠時間の他に、食生活の改善を行なうのが望ましいです。特に、積極的に摂取しておきたいのがビタミンです。肌の調子を整えるのにうってつけなビタミンは美肌効果が高めなので、そばかすを抑制しやすいです。できるだけ豊富なビタミンが含まれている食品を積極的に摂取するのが理想的な食生活といえます。また、洗顔をする際に、いつもと違うやり方を実践するのも最適です。日々の洗顔でゴシゴシ洗ってしまうと皮膚に強い刺激を与えてしまうことが多いです。洗顔フォームを使用する場合は、やさしく泡で包み込むように洗うのが望ましいです。やさしく泡で包み込むような洗い方をしても、皮膚に付着した汚れは十分に落とせるので健やかな肌にしやすいです。日々の食生活に関することや洗顔の方法に至るまで、いろいろと注意しておけば症状を抑制しやすいです。