そばかすの悩みならお任せ

意外と違う!遺伝的な症状であるそばかすを目立たなくするために

できやすい習慣とは

医者

そばかすには、先天性と後天性の2種類が存在します。どちらとも共通して言えるのが加齢によって色が濃くなりつつあることです。それに、色を濃くさせる生活習慣もあるので、治療効果を持続させるためにも十分な対策を行ないましょう。

十分な対策をとる

婦人

美容クリニックで治療を受けたとしても、その後の生活習慣によっては再びそばかすを目立たせてしまいます。生活習慣の改善を行ない、色を目立たせなくする対策も重要です。

遺伝的な症状を抑制

女の人

実は先天性の症状

顔にできる皮膚症状である、そばかすはシミと同じものと思われがちです。皮膚の色を一部だけ変化させるものなので、紫外線が原因で生じてしまうのではないかと誰もが思ってしまいます。実は、しみとそばかすは全くの別物なのです。しみは、ニキビ跡に炎症が生じることで引き起こされたり、紫外線によるメラニン色素蓄積によって引き起こされたりします。そばかすは、遺伝によって引き起こされる先天性のものと紫外線の影響で出来る後天性のものがあります。大抵のものは、生まれつき出来てしまっているものなのです。ちなみに、そばかすは紫外線を浴び続けると、色合いが濃くなってしまう性質を持っています。そのため、濃ゆい色合いを引き出さないためには、できるだけ直射日光を長時間浴び続けないのがおすすめです。

治療方法も異なるのか

人によっては、そばかすがコンプレックスと化してしまいます。先ほどの説明で、しみの症状とは別物であるので、しみ用の治療を受けても効果がないのではと思ってしまいます。実は、しみと同じ美容施術を利用しても目立たなくさせられます。レーザー治療なら、そばかすを生じさせている皮膚内部にある色素を変化させる成分をピンポイントで狙い、色合いを薄くしてくれます。しかも、皮膚組織にほとんどダメージを与えないので、治療跡も残りにくいです。キズ跡によって、新たなコンプレックスを生み出すリスクも最小限に抑えられるのは確かです。レーザー以外では、フォトフェイシャルやケミカルピーリング、イオン導入といった治療方法も有効です。数回の施術を受ければ、徐々に色を薄くしていけます。徐々に皮膚の色を薄くしていけるのと同時に、美白効果ももたらしてくれるので、肌を整えるのにもうってつけです。レーザーやピーリングと言った治療を利用して、そばかすを目立たなくしたいのであれば、皮膚に負担をかけない最新型の機器を導入しているところか、施術実績が豊富なところを探しだすのがおすすめです。

しみ対策とほぼ同じ対策方法でOK

そばかすを美容外科の力で改善させた後、再び色を濃くしたくないなら十分なスキンケアを施すのが重要です。美容外科でレーザー治療を受けたとしても、あくまで色を薄くしただけで、気を抜けば再び色が濃くなってしまいます。目立たなくさせるためには、ビタミンCを摂取、あるいはビタミンC入りの化粧水を使ってスキンケアを施すのがおすすめです。ビタミンCの力なら、メラニンを抑制する効果があるので、色を濃くするのを未然に防げます。また、ビタミンCの他にビタミンEのターンオーバー促進効果、ビタミンAの活性酸素除去効果も欠かせません。ビタミン類を積極的に摂取あるいは、それらが含まれている化粧水をフル活用して十分なスキンケアを施すのがおすすめです。せっかくの美容外科での治療効果を継続化させるために、利用する化粧水や摂取する栄養素に気を使いながら生活をおくるのが望ましいといえるでしょう。

クリニックの施術手順

婦人

そばかすの症状を抑制するために、美容クリニックを利用するのは有効な手段です。しかし、施術を受ける前にどのようなことをするのか不安になってしまいます。ある程度、手順を把握すれば安心して身をゆだねられます。